あひるのば〜

大阪 ミナミ 三寺 "あひるのば〜" のブログ

ホスピスのススメ

投稿日 2012年12月30日 8:12 午後 | 投稿者 Mika

先日、主治医から治療も一旦打ち切られましたが、、と、同時に
ホスピスも勧められ、それか在宅医療も言われたんですが
即答出来ず、保留のまま帰宅しました。
今後の私が心配と不安にかられています。

ユックリ考えましょう。
どうやって決めれば良いのだろうか。
悩みます。

ホスピスの事が把握出来てる訳ではないのでどれ位のどんな治療が有るのかもわかりません。

ただただ、、、ショックなだけで、、。

コメント(1)

  1. grange :
    2012年12月31日 4:09 午前

    あひるさん。はじめまして。いや、正確にはmixiで友人登録させていただいているgrangeです。
    いつも日記拝見させて頂いています。

    こうやって、初めて書き込みさせて頂きます。
    このコメントがお気に障りましたら、削除して下さい。
    なぜ、いきなり書き込みさせて頂いたのか自分でもわからないのです。

    私の妻は、31歳です。今月の5日に、髄膜播種の診断で、余命1週間を宣告されました。
    でも、1週間過ぎてもまだ、病院のベッドの上で、モルヒネを持続投与して、生命の灯りを灯し続けてくれています。
    こうやって、メッセージを送らせて頂いている今も、頑張って生きています。

    妻には、闘病生活を送るなかで、頑張ってという言葉はかけないでって言われました。
    もう頑張り続けていく事もキツいんだからって。
    でも、僕はバカな旦那なので、それでも一緒に頑張ろうって言って、妻を困らせているんです。
    もう少し良い言葉が思い付けばいいんですけどね。

    僕も妻と後どれくらい一緒にいてあげられるのかわかりません。
    でも、今年の妻の誕生日に、妻にマイホームをプレゼントしたんです。
    その家で一緒に生活を送れるようになるまで僕も諦めめません。
    それが、今の僕の夢なんです。

    あひるさんが日記に書いてる様に、諦める事だけはやめないで下さい。
    きっと、あひるさんの回りの方も諦めてるひとなんていないと思います。

    知ったようなこと言ってすいません。

    そして、長々とすいません。

    ガンになられた患者さんの家族の1人として、これだけはお伝えしたくてメッセージ送らせて頂きました。

    それでは失礼致します。

    返信

トラックバック

コメントする

メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ

GusetBook

名前:
メールアドレス:
あて先::  
メールアドレスは公開されません
(ですが、記入は必須です)
masumi kinosita
(火曜日, 9月 25. 2012 8:08 午後)
覚えてくれていますか?
内平野町のマンションで上と下で暮らしてましたよね。良かったら、連絡を下さい。Facebookで、美香ちゃんを見つけました。
ユキ
(土曜日, 2月 25. 2012 9:04 午後)
いつも可愛い笑顔見えてますよ。こちらは母(ババでごめんね)が闘ってますが、食欲あってこまりまーす。でもいつも明るい。ミカさんもだー!笑って過ごすってお薬です。お互い、美味しい物食べてー笑って過ごしましょ!!
ますみちゃん
(火曜日, 11月 29. 2011 8:39 午前)
再発…覚悟していても現実となると…
先日夢の中で再発を告げられただけで、震えが来てしまいました。 すぐに心の整理は付かないでしょうが、沢山泣いたら、次の一歩を踏み出してね!!
ますみちゃん
(月曜日, 6月 13. 2011 4:29 午後)
医療ミス、怖いよね(-_-;)でも、スタッフも追い込まれるほど忙しいのかも…
後28回!!うちの父も34回の放射線が後2回となりました。たんたんと生活していればOk。それがなかなか難しいけど、頑張ってね!!
bison
(水曜日, 2月 17. 2010 6:19 午前)
これはテストです

1